不動産担保ローンを低金利で借りました

融資を受けるには担保を設定する必要がある

低金利で融資融資を受けるには担保を設定する必要がある不動産担保ローンを利用

融資を受けるには担保を設定する必要があり、この担保の価値は500万円と評価されました。
ただ500万円もの借入は不要でしたから、300万円で申し込みしたのです。
借入総額が大きくなるほど利息が膨らむことは知っていたので、ここは慎重にいくべきですね。
借入したお金には利息が発生する点が、自分の貯蓄と違うところです。
また早期完済すれば利息が減りますので、完済までの期間を長引かせないためにも借りすぎはいけないと考えました。
結局300万円で申し込みすることになり、審査結果は後日伝えられるという流れになったのです。
それから融資が決定したのは4日後のことで、希望していた300万円の借入ができました。
実質年率は7.5%とかなり低く設定されていて満足です。
おそらく消費者金融から300万円の借入をすれば、15.0%くらいの金利になっているでしょう。
その半分程度で借入できたのですから、やっぱり不動産担保ローンは違うなと思いました。
金利が低いと元金充当分が増えますので、着実に元金が減っていきます。
つまり利息で相殺されてしまう金額が減るので、早期の完済が可能になるわけです。
以前にキャッシングを利用していたときは、あまりの高金利に滅入ったことがあります。
金利が高いと毎月コツコツと返済しているつもりになっていても、ほとんど元金が減らないという状況になっていました。