不動産担保ローンを低金利で借りました

不動産担保ローンを利用

不動産担保ローンの返済は口座引き落としになっていたので非常に安心です。
ただ毎月の指定額の返済だと、完済までにかなりの期間を要してしまいます。
そこで追加返済をして元金を積極的に減らしていきました。
あとへそくりを所有するくらいならば、積極的にローン口座に入れるべきだと思いましたね。
追加返済はボーナスを活用して行ったので、多いときはドカンとかなりの金額を返済できました。
おかげで300万円を完済するまで、3年かからなかったのです。
もしキャッシングから借入していれば、5年では完済できなかったでしょう。
銀行の担当者に聞いたことがあるのですが、返済金はまず利息から充当されていくそうです。
それゆえ元金は減りにくい仕組みになっており、返済期間が延びてしまうわけです。
不動産担保ローンを利用してよかった理由には、無理な借入を防げることもありました。
キャッシング時代は借り癖がついており、なかなか元金を減らせなかったのです。
ほしいものがあれば我慢せずに購入しており、キャッシングが預金口座のようになっていました。
しかしこれではローンが膨らんでいくだけなので、キャッシングから脱却しようと考えたわけです。
不動産担保ローンに乗り換えしてからは返済がスムーズで、以前とは比較にならないほどのペースで元金が減っていきました。
利便性を比較するとキャッシングに負けてしまいますが、使いにくいからこそ自分に合っていました。
何度も追加融資を受けることがなかったので、スムーズに元金が減っていったのです。
不動産担保ローンを利用したのが、ローン依存から抜け出すきっかけになったのです。

湘南信金、新ワイドローン(不動産担保ローン)、金利3.243%、最長50年、使い道自由https://t.co/lWrHFfEPuY

— 紺野 健太郎(K2) (@KentaroKonno) 2019年6月29日

低金利で融資融資を受けるには担保を設定する必要がある不動産担保ローンを利用

不動産担保ローン | 不動産担保ローン|楽天銀行