不動産担保ローンを低金利で借りました

低金利で融資

私が不動産担保ローンに申し込みしようと考えたきっかけは、金利が低く設定されていたからです。
銀行でもローンを用意していたので、低金利の銀行に申し込むことにしました。
借入希望額は300万円と少し多いので、キャッシングなどでカバーできる金額を超えていました。
何よりキャッシングは金利が高いので、300万円という金額を借りるには適していません。
融資は最高1億円まで用意されており、もちろん総量規制の対象にはならないです。
不動産を担保にするローンの場合、キャッシングなどと違って総量規制の適用にならないそうです。
あくまでノンバンクから借りる無担保のローンが対象になるのでしょう。
ローンの申し込みはWEB上から可能だったので、非常に気楽に感じられました。
審査項目はキャッシングよりかなり多かったですが、オンラインで申し込みできるので気持ちが楽です。
申し込みから25分くらい経過してから、銀行担当者から連絡が入りました。
そして審査は電話で可能なので、このまま話を進めてもよいでしょうかと聞かれました。
いわゆる電話面談というもので、交渉は問題なく進みましたね。
特に難しい内容ではなく、審査項目に間違いがないかチェックするだけです。
申込内容に間違いがないと確認してから、対面相談の日程はいつがいいか聞かれました。
日程は2日後に空いていましたので、この日時の10時に来店することにしたのです。
必要書類に関しては担当者から連絡があったので、当日そのまま持参しました。
本審査は非常に緊張しましたが、キャッシングと大差なかったです。
むしろ消費者金融から借入したときよりも、気楽でアットホームな雰囲気がありました。
消費者金融の場合だと電話完結するケースが多いようですが、ここはやっぱり銀行ですね。
ただ低金利で融資してくれるので、審査が多少厳格になるのは仕方ないでしょう。

低金利で融資融資を受けるには担保を設定する必要がある不動産担保ローンを利用